お花の魅力

お花が好きな人が選ぶ習い事には、和の要素の高い華道と洋の要素の高いフラワーアレンジメントがあります。 華道の中でも流派は様々にありますから、古風なものから近代的な斬新なものもありますが、棚や床の間に飾る目的が多いです。 フラワーアレンジメントはどちらかというと、四方から見るテーブルフラワーやコサージュ系のものを扱います。 どの花はどのくらいの長さに切って、どの花材からどのように生けるか教えてくれるので、誰でもできます。 草花や木を生ける方法なので、習っておけば、お花屋さんに就職することも可能です。実はお花屋さんは店頭で売るだけでなく、お店などに配達の際、生けるところまで任せられる注文もあるから、その対応ができることも要求されるのです。

フラワーアレンジメントを習う場合、はさみやお花の持ち帰り袋などの準備が別途必要になりますが、毎回指導料のほかに材料費が必要になります。 季節によって扱う花も異なりますが、1回の材料費はあらかじめ決められているので、毎回変わることは殆どないですし、様々なお花を楽しみながら生ける練習ができ家でも飾れます。 費用に関しては大手のカルチャースクールなら3か月まとめて指導料を支払うなど、ご自宅や公民館などで開かれてる個人の会と支払方法や月額指導料が若干かわるかもしれないですが指導料は月5000円程度です。 それから、華道もフラワーアレンジメントもそうですが、級があがると、費用がかかります。師範級になるのに必要な免状をとっていくため、必要に応じてその費用は別途必要になります。